バイナリーオプションで資産運用

バイナリーオプションはヘッジで利用するのがおすすめ

投資をするなら自分の予想とは逆に相場が展開してしまった時に備えてヘッジの戦略を持っておくことは大事です。株式や為替など、どのような投資商品へ投資をするにしても、ヘッジ戦略をもっておくことで、仮に読みが外れてしまった場合でもヘッジから利益を回収することが出来るので、トータルとしての損失は小さくすることが出来ます。バイナリーオプションは非常にヘッジとして有効な戦略を立てやすいです。まず、バイナリーオプションは最初から最大の損失を確定しておくことが出来るので、ここが一つの利点です。通常、投資は自分の建玉とは逆に相場が動くと無限に損失が膨らんでしまいますが、バイナリーオプションの場合は最初に最大の損失を確定することができ、自分の予想が当たった場合は利益を得ることが出来ます。一つのヘッジとしての活用方法としては例えば何かの指数が上昇すると予想して投資をしている場合に仮に予想が外れてしまうと損失を被るわけですが、そんな時にバイナリーオプションで逆の相場展開に対してヘッジを行っておくと良いです。バイナリーオプションは取引期限が設けられているので、重要度の高い経済指標が発表される時などにヘッジとして活用するとかなり効果的です。予想通りに相場が上昇するなら投資から利益を得ることが出来ますし、逆に相場が動く場合に備えてロスカットをしっかりと設定しておき、その上でバイナリーオプションでは逆の相場展開に対してオプションを取引しておけば利益を得ることが出来ます。このバイナリーオプションは業者によっていろんな指数に対してオプション取引を行うことが出来るので、しっかりと業者選びをやっておきましょう。為替に投資をしているなら為替、株式なら株式のように同じ銘柄に対してオプション取引をやっておくと普段の相場の読みを活用することが出来るので、比較的簡単にオプション取引を理解して投資をすることが出来るようになります。

 

 

バイナリーオプションと呼ばれる投資について

 

金融投資には色々なタイプのものが存在しますが、最近話題になっているものにバイナリーオプションと呼ばれるものがあります。
この投資は通貨を使った投資の一種でFXにかなり近く、あのような通貨変動を利用したものです。
バイナリーオプションの特徴としては非常にシンプルな点があり、この投資はだれでもできるように工夫されています。
この投資では通貨が上がるか下がるかだけをかけるようになっているので、2分の1の確率で勝てるようになっています。
そのため投資に詳しい人でなくても簡単に始めることができますから、非常に手軽な投資方法だといわれています。
ただこの投資はある意味ギャンブルに近いところがあるので、日本で利用する時は制約を受けることが多いです。
その制約とはある程度の期間お金をかけることで、その結果どのような形になるかという形でしか投資ができません。
そのため短期間で投資をすることが難しいので、気楽に投資ができるものではなくなっています。
そういう変化が起きた影響でこの頃は、バイナリーオプションを行う時に海外の業者を利用することが増えています。
海外のバイナリーオプション業者は日本人向けのサービスを提供しており、ネットから簡単な手続きで利用することができます。
利用するときはメールアドレスなどを相手に伝えれば、簡単に口座などを作ってくれます。
また海外の業者で問題になりやすいのは、口座にたまったお金を引き出す問題だといわれます。
海外の業者はお金を引き出す時にトラブルになりやすいので、どのような形でできるのか予め確認をしておいたほうがいいです。
このようにバイナリーオプションを利用する時はある程度の手間がありますけど、投資そのものはシンプルで利用しやすいです。
特にFXなどの投資をしていて通貨の変動がわかっている人ならば、大きな利益を得られることも少なくありません。
バイナリーオプションは誰でも始めることができる手軽な投資なので、この頃は多くの人が利用するようになっています。

引用:http://xn--o9jo1nya9dwfsb7c7h0a7htes973cu6vh.jp/

 

 

なぜショートでのFXの売買ができないか

 

FXで売買を始めたばかりの方には、1つ共通点があるようです。買いから入る事はできても、売りから入るのが難しい方が多くいらっしゃるのですね。つまりロングはできても、売りから入る際には勇気が必要な方もいらっしゃる訳です。
ではなぜ売りから入ることができないかと申しますと、恐らく元本を気にしているからではないでしょうか。例えば現在のレートが、42円になっているとします。その際に1万枚での売買を行うとなると、本来必要な資金は42万円ですね。つまり42万を保有していれば、ロスカットが発動される確率は非常に低い訳です。いわゆるレバレッジ1倍での売買になっているからです。
ところが売りから入るとなると、その必要資金の目安が分かりません。上記のレートで売りの注文をするにしても、天井知らずに外貨の金額が上がっていく可能性もあるでしょう。どこまで資金を用意しておけば安心なのか、少々不透明な一面があるのですね。ですので初心者の方々は、ちょっとショートのポジションを怖くて持てない事が多いようです。
しかし、それも損切りによって解決できるでしょう。上記のような不透明感というのは、損切りを行っていないのが理由なのですね。逆にそれをきちんと決めておけば、ある程度安心して売買できるでしょう。
FXで売買を行う以上は、やはり損切りは基本だと思いますね。特にショートでFXの売買を行いたい時には、それは必要不可欠だと考えます。

前日豪ドル円でトレードしましたが、あまり動きがなかったため、本日はまだトレードしていません。もし、動きがあったらやってみようかと思います。現在はロンドン時間、夜の7時過ぎ。ロンドン時間の序盤で見たときと変わらない位置に豪ドル円はいました。変わったなと思ったのが米ドル円。序盤で見たときは、安値から少し離れているだけで、特に強そうな印象はなかったのに、今は強くなって高値を更新しています。前日のニューヨーク時間に高値から1円ほど下げた様子を朝にチャートで見て、これは調整したと思いました。でも、連日で4円も上昇したことを考えると、もう少し下げてもおかしくないと思いました。でも、こうして今上昇が始まっています。豪ドル円の勢い、米ドル円が上昇すると落ち着いてきそうだなぁ。前触れもない米ドル円の復活。1日で転落して、1日で立ち直るって早すぎます。そんな姿を見て、強いなぁと思って、こんな自分になれたらいいなぁなんて憧れます。何度転んでも起き上がる事って、言葉では七転び八起きと言います。七回転んでも八回は起き上がれ!と。結局は、最後に立ち上がればいいんです。私、この立ち上がってやる!って意識を持ってトレードに臨めば、そう簡単に心が折れたりしないんじゃないかって思います。FXでいう、転ぶときってどんなときだろう?って考えると、ポジションを持って、求めていない方向に向かって損切りにあったとき。損切りは付きものだってわかってても悔しいし、苦しい。何回も続く損切りと言うものはひどく心を弱らせます。例えば、7回連続で損切りにあって8回目も立ち上がるって、できますか?私は心が萎えてポジションを持とうという気が無くなってしまうに違いありません。それは、きっと多くの人がそうだと思います。それでも、立ち上がれる人がいるとしたら神様ですよ。連続で損切りにあったとしたら、何回までなら許せますか?私は3回目までかなぁ。それ以上の負けが続きそうだと判断するなら、しばらく休んで出直します。7回とか8回連続負けになる前に休んでしまえばいいのです。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:20:22

6月5日、金曜日。東京時間からの豪ドル円の歩みを振り返ってみました。前日、東京時間に発表された指標が悪い事で売りが優勢になったため、95円後半で東京時間を迎えることになりました。95.47が東京時間の午前に作られた安値で、午後にかけて、ゆっくりと上昇しました。そして、95.80辺りで東京時間を終えて、ロンドン時間を迎えました。上昇の背景は、入ってきたニュースによると、中国株の堅調さを好感してのことです。底からはい上がる堅調な動きで終えた豪ドル円でした。次は、ロンドン時間。序盤では、ニューヨーク時間に控えている米雇用統計のために、米ドル円は小動き。でも、オセアニア通貨だけは底堅かった。全く下げる気配はなく、95.80で底堅い動きを見せました。確認した1時間足は、絶好の戻り売りポイントになっていました。中国株の堅調を好感して上昇しているけど、足元では利下げや豪州指標の悪化で不安定な材料を持っていると思う。前日は、高値から下落して、1日で1円程も下げました。この動きから、そう簡単に戻ることはないと考えました。売ろうかなと思ったけど、米雇用統計が控えているので、売らずに我慢しました。現在は、夜の7時過ぎ。中国株を材料に上値を伸ばしてきたけど、結局は下げているのではないかと思ってチェックを行いました。すると、さらに上昇していて、簡単には越えられないだろうと思った96円を回復して96.04まで来ていました。何てことだろう。豪ドル円、97円の高値にもう行ってしまうんだろうか?96円に顔を出すと、その可能性は高まってくる。今いる96.04を1時間足で確認すると、これも絶好の戻り売りポイントです。ロンドン時間序盤で見たときの95.80も絶好の戻り売りポイントでした。96.30を越えないと、下降トレンドは崩れることはないので、まだ安心です。95.80と96.04は、どちらも絶好の戻り売りポイントだけど、96.30に損切りを置いてポジションを持ったとき、額が深くなるのは95.80。同じ損切りでも96.04のほうがまだ救われます。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:20:22

大きなレバレッジを利用して取引を出来るところがFXの魅力の一つです。
レバレッジと言うのは、簡潔に言うと小さな資金であっても大きなお金を動かすことが出来る便利なシステムのことを言います。
例えば、10万円のお金しか持っていなくてもレバレッジを使えば100万円以上のお金を実際に動かして取引を行うことが可能なのです。
当然、このときにはレバレッジを10倍にしているため生じる利益も10倍になって返ってきます。
では、そもそもなぜこのような便利なシステムを利用することができるのでしょうか。
レバレッジのシステムというのは、証拠金という担保を利用することによって実現しています。
FXは外国為替証拠金取引と言う名称で親しまれている通り、証拠金という担保をFX会社に対して預けることによって取引を成り立たせているのです。
証拠金は、FX会社に対して別途預けるわけではなく口座の中に入れておくことによって利用が可能になるため面倒な手続きなども必要ありません。
レバレッジの場合では、証拠金を預けておくことによって最大で約20倍前後の取引が出来るようになるのです。
また、レバレッジにはもう一つ秘密があります。
それは、国内のFX業者ではなく海外のFX業者を利用すればより大きなレバレッジで取引を行うことができるということです。
日本国内でレバレッジがある程度制限されているのは、日本の法律によってレバレッジの規制が存在するからに他なりません。
しかし、海外の業者は海外の法律によってFXを提供しているためレバレッジの規制がものすごく緩いのです。
実際、サービスを利用するときにはレバレッジ最大で1000倍程度にまで引き上げることも可能です。
低資金であっても数千万円の取引をすることができるため、投資を初めてする人であっても大きな利益を手に入れることが出来る機会があるのです。
FXをするときには業者選びも非常に大切になるため、その点は忘れないようによく精査して判断しましょう。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:20:22

FXは一般的に為替レートに合わせて通貨の売買を行うことによって利益を追求する方法となっており、
売買時における為替レートの差によって利益を得ることが可能になってくるのです。
またFXでこの通貨の売買の際には、通貨の買いから入って売る方法と、その逆に売ってから買い戻す方法が用意されており、
上手く使い分けることによって円高であっても円安であっても利益が追求できる仕組みが構築されております。
初めてFXに参加されるとい方は買い注文から始めるという方が多いようですがこの時のポジションのことを、
買いポジションションと呼んだり、あるいはロングぽ人ションと呼ぶことがあります。
その反対にショートぽ人ションというものもあり、これは売りから入る方法であり、空売りと呼ばれることもありますし、
単に売りポジションと呼ばれることもあり、ポジションの持ち方によって決済のタイミングも変わってきますので注意が必要です。
またFXにおいてはポジションを維持している期間に対して通貨の金利差となるスワップポイントも利益になってきますので、
高金利の通過にたいしてスワップポイントを狙って中長期で取引されるトレーダーの方も多くなってきております。
FXでは売買のポジションと決済によって利益が確定されるのですが、この決済とは現在持っているポジションに対して、
ロングポジションであれば売ることによって決済が行われ損益が確定しますし、逆にショートポジションを保持している場合は、
買い戻すことによって決済をして損益を確定することが可能となります。
FXの利益確定に関しては為替レートの読みや、マーケットの動きを的確に判断する能力が求められるものですので、
初心者の方や為替の知識がまだ低いという方は、少額からチャレンジすることが重要になってくると思います。
今では利益確定やロスカットに関して自動で売買してくれるシステムトレードも導入されてきておりますので、

こうした便利なツールを活用するのも上手なFXトレードに繋がるものであると思います。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:20:22

数ある投資の中でもFXの取引はたくさんお金を稼ぐことができるということで多くの人から知られています。そのため高収入を得たいと考えている人はFXの取引をして利益を得たいと考えている人も多いです。
確かにFXの取引はレバレッジを利用することによって短期間でたくさんのお金を得ることが可能ですが、それはあくまで取引がうまくいった時の話です。逆に取引を失敗してしまった場合は大きな損失を被ってしまうことになります。

 

そしてお金をたくさん稼ぐためにFXの取引を始めようとしている人はまず全体でどのくらいの人が利益を出すことができているのかということを知る必要があります。
どのくらいの人が利益を出すことができているのかというと多く見積もって全体の2割程度で残りの8割は損失を出して撤退してしまっている状況です。
そのためたくさんのお金を稼ぐためには少なくとも選ばれた2割に入る必要があり、そのためには取引技術の確かさとともに成功するメンタリティーを持つことが大事です。

 

そこでFXの取引で成功するメンタリティーとはどのようなものがあげられるのかというとまず少数派の考えを持つことです。これによって取引をしている他の人の考えの逆をつくことができて、利益を奪い取ることができます。これは悪く言うと天邪鬼ということになりますが、FXの取引で成功するには天邪鬼になるくらいがちょうどいいです。

 

それから自分の考えたことをそのまま突き通す精神も大事です。外国為替の相場はいろいろな変化をおこすことがありますが、それに踊らされてしまって考えを変えてしまうと結果的に損失を出してしまうことが多くなります。逆に自分の考えに対してブレることなく、最後まで突き通すことによっていい結果を得ることができます。

 

さらに難しいからこそやってやろうという気持ちもFXの取引で成功するにおいて重要です。難しいことが目の前で起こるとどうしても逃げてしまいたくなりますが、それに負けずに立ち向かうことによって成功を掴み取ることができるからです。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:20:22

東京時間からロンドン時間の今までの豪ドル円の道のりを振り返ってみました。本日は、10時30分に小売売上高と貿易収支の発表がありました。高値付近の96.70で発表を聞くも、いい結果ではなかったために、50PIPS近い下落をし、96円前半に押し戻されました。午前中は96円を割るのを何とか回避しました。戻してきてからは、96.20から96.25までの小動きが14時過ぎまで続きました。それから、3時30分に向けて下落していき、96円を割って、95.80まで値を下げました。下げの理由は指標結果が悪かったことに加え、東京時間終了後に入ってきた日本の要人発言です。原田日銀審議委員がこんな発言をしました。2016年度前半までに物価目標に到達しない可能性ある。円安は全体としてみればプラスの効果のほうが大きい。2%物価目標達成には3%の賃上げが必要。地方債の買い入れや付利引き下げも選択肢。いくつもの発言をしたことが分かります。発言の影響で豪ドル円だけでなく米ドル円も下げています。その他、すべてのクロス円も同じ動きです。私が気になったのは物価目標に到達しないかもしれないと宣言している発言。達成する!って強気の姿勢を見せておきながら到達しないかもしれない!って後ろ向きな発言。こんなこと言われると、不安になりますね。そんな道のりを豪ドル円は歩んできて、現在は96円を完全に割った95円後半を推移しています。豪ドル円、米ドル円だけでなく、すべてのクロス円が日本の要人発言の影響で下げたわけですが、豪ドル円以外の通貨は、東京時間では至って普通の値動きでした。レンジになって決まった値幅を規則正しく動いていました。まさかの日本の要人発言で揺れ動いたロンドン時間の前半。果たして後半は落ち着くのでしょうか?発言によって、私が拾いたいと思っている95.50の価格に、着実に豪ドル円が近づいてきています。今は、95.80です。日本の発言があってからは一層下落に弾みがついて、1時間足で連続陰線が出現しています。ほとんど戻りがなく下げているよ。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:19:22

FXの取引をして利益を出すためには取引の仕方をしっかり身につける必要があります。そのためこの取引を始めて半年から1年の間は取引の練習を繰り返すことになります。

 

そしてFXの取引の仕方の中に順張りと逆張りというのがあります。順張りとは現在の為替の値が動いている方向に沿ってエントリーする取引方法のことで、逆張りとは為替の値の動きの方向が変わることを予測して、現在の為替の値動きと逆の方向にエントリーする取引方法のことを言います。
そこでFXの取引をするにおいて、順張りと逆張りのどちらで取引をすればいいのかというとケースバイケースということになり、どちらがいいとは一概に言えません。

 

そして取引の期間や相場の状況によって順張りか逆張りかを使い分けるのがいいと言えるでしょう。まずFXの取引はスキャルピング、デイトレードなどの短期取引、スイングトレードなどの中長期の取引がありますが、短期取引の場合は順張りでも逆張りでも取引可能です。逆に長期取引の場合は順張りで取引をしたほうがリスクは少ないと言えます。なぜなら大局面でも為替の値動きは一定の期間の間継続することになるので、逆張りで取引をするのが難しいからです。

 

次に為替相場にはどちらか一方方向に為替の値が継続して動いているトレンド相場と一定の値の間を上下して為替の値が動いているレンジ相場がありますが、トレンド相場の場合は順張りの方法で取引をしたほうがいいでしょう。これに対してレンジ相場の場合は逆張りの方法で取引をしたほうが利益が出しやすいです。

 

さらにFXの取引をある程度経験しているか経験が浅いかによっても使い分けることができます。そして基本的に順張りの方法で取引をしたほうがやりやすいので、取引の経験が浅い人は順張りの方法で取引するほうがいいでしょう。逆にある程度取引を経験している人は順張りだけでなく、逆張りもうまく利用して取引をしたほうが効果的に利益を出すことができます。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:19:22

動く為替レートを利用したFXの口座開設を初めてする時に気をつけたいポイントは取引通貨単位とスプレッドの幅です。
最初に比較したいのは取引通貨単位ですが、最もポピュラーなのは一万通貨からとい
うFX会社です。
しかし、最近では1000通貨からO.K.というところも増えてきました。
例えば、外為オンラインやSBI証券ではミニコースというものを設けて、1000通貨から取引できるようになりました。
また近頃ではそれよりも小さい取引通貨単位の100通貨からというものを取り入れている場合もあり、新規ユーザーを意識していることがわかります。
またスプレッド幅でよく表示されているのが、ポイントですが例えばこれは100ポイント10銭などで、1ポイント0.1銭などということがわかります。
なのでFXではよく、様々な通貨の利益や差損益などをポイントであらわすこともあります。
ちなみにFX円ドルのスプレッドは0.1から1.2銭ほどに設定しているところが多く見られます。
円ユーロは0.2銭から2.2銭ほどと、ドルより高めに設定しています。
こう考えると、スプレッド幅でFX会社を選んでしまうのも手です。
スプレッドが狭いほど儲けが出ることになりますし、それも一つの賢い選択でしょう。
ただ、スプレッドだけではなくツールの使いやすさや扱いがある通貨の種類などにも目を配りましょう。
それから安全性確保のためにも、口座開設をしたい会社の評判や口コミにも気を止めた方がいいでしょう。
もちろん口コミに左右されずに選ぶのもいいですが、信頼ある口コミならば自分が損をせずに済みます。
口コミにも色々ありますが、それを判断するのもまた自分自身だということです。

FX会社の口座開設を比較するには、比較するためにサイトを見たり自分自身で書き出しでみるのもいいかもしれません。
人と自分とではメリットデメリットが異なることもありますので、自分にあう口座開設をするためにも最初が肝心です。
それから実際に初めて見てわかることもありますので、いくつか口座開設をして試してみるとうこともものは習えでいいかもしれません。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:19:22

以前に私は、なかなかすごい人物と話した事があります。FXで大きな損失が発生してしまった人です。
その方は、リーマンショックが発生する前の段階で大きな損失が発生していたようですね。主に売りの注文を仕掛けて利益獲得を目指すタイプの方だったのですが、ある時に大きな円安が進行していたようです。それでその方は、数千万円ほどの損失が発生していたようですね。
数千万円もの損失が生じれば、たいていの方は市場から撤退してしまいます。FXはこりごりだと思ってしまう方も多いようですね。
ところが上記の方の場合は、損失が発生しても諦めませんでした。そのショックをきっかけに、猛勉強を始めたのです。
確かあの方の場合は、色々な情報商材なども読んでみたようですね。そうかと思えば様々なセミナーなどにも参加していましたし、損を巻き返し為に色々とお金をかけていたようです。つまりFXの勉強に対する投資を行っていた訳ですね。
では結局上記の方はどうなったかというと、とても大きな利益が発生するようになったようです。前述のようにその方はリーマンショックの前の時に大きな損になっていたのですが、逆にそのリーマンショックで大きな利益を獲得していたようです。今まで培ったノウハウを生かして、リーマンショックでどんどん売りを仕掛けていたようですね。
そのような事もある以上、FXでは勉強次第で大きく稼げる可能性がある訳です。たとえ大きな損失が発生しても、上記の方のように頑張ってみるのも良いのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:11:02

金融業界では、しばしばショックというものが発生しています。ショックが起きる頻度が、数年に一度くらいですね。それは危機でもありますが、ある意味チャンスでもあるのです。
比較的有名なものとしては、リーマンショックがあり得られます。数年前にアメリカの大手の金融機関が破綻した事によって、外貨に対する不信感のようなものが蔓延したのですね。それで円がどんどん買われるようになったので、クロス円は下落する事になったのです。
それと、プラザ合意というものもありました。あれもかなり大きなショックで、米ドルが非常に大きく動いていたのが印象的ですね。
ところでそのようなショックが発生すると、手仕舞をしたいと考える方々も多いです。特にリーマンショックの時に、買いの注文をしていた方々は大変だったのではないでしょうか。あの時は急激な円高が進行していた訳ですから、買い注文を行っていれば大きな損失が発生してしまうからです。
ちなみにあの時私はニュージーランドの外貨で売買をしていましたが、あの大きな値動きはビックリしました。わずか数ヶ月で数十円も下がると思っていなかったからです。
しかしそのようなショックは、逆にチャンスでもあるのです。確かに買いの注文を行っていれば、それで大きな損が発生してしまう事になるでしょう。しかしFXでは、売りから入ることもできます。リーマンショックの時に売りから入っていれば、もちろん大きな利益になるでしょう。
つまり「ショックがチャンスになる可能性を秘めている」のが、FXの特徴の1つですね。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:11:02